リヴァプールでの生活を綴った日記。 Bits of this and that about my Liverpool life.


by e_rioblanco

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

So blue

a0072144_7314530.jpgSoooooooo blue, the sky in Liverpool this summer! Just want to show off that we've got a great weather, crystal clear blue sky, white as candy flost clouds and beautiful sunset!! (see the photos)
Because the weather is so great and I bought this new mobile with a 2mega pixel came in spring, I just take photos of the sky and clouds whenever I come across with anything interesting or beautiful. While I'm looking at the sky and taking a photo, all these English people who pass by look at me as if I'm a some kind of nutter, hahaha . Well, I've uploaded several photos of the sky and clouds I've taken in Photo Album section in MSN My Space. Please have a look! xxx
ちょっと、夏の空自慢。
a0072144_7341595.jpg


a0072144_7343182.jpg
   Liverpoolは、(っていうか、ヨーロッパ全土だけど)この夏、ずっといいお天気が続いていて、めちゃくちゃ空が青い!雲があっても夏の空をしていて、気持ちがいい。お天気がいいのと春に買い換えた携帯にカメラがついていたのとで、空と雲の写真をきづいたらばちばち撮ってるわたしです。空の写真を撮っていると、道を通るイギリス人達にすんごい変な顔で見られます(笑)。ほっといてほしいわ、わたしがなに撮ろうと!
空と雲の写真がたまりだしたので、MSN My Spaceのフォトアルバムにアップさせました。また見てみてください♪ xxx
a0072144_734507.jpg

[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-31 10:15 | diary

Body Cream ボディクリーム

a0072144_2335751.jpg
コットン同様、なかなか、どんぴしゃりなボディローションもしくはクリームに出会わない~。Weledaのベビー用ミルクローションを使っていたけど、のびが悪い。なので、すぐなくなって、とっても割高になってしまう。しかも、イギリスの通販で購入すると(Weledaは、イギリスではオンラインショッピングか通販しかない)、ガラスの瓶に入ってなくてプラスチックの容器にはいってくるので腹が立つ。Weledaのポリシーは、成分が変わらないよう、ガラスの瓶にはいってることのはずなのに、、、、なぜ、イギリスだけ?

ちらっとはいったボディショップで、自分の好きな匂いのエッセンシャルオイルを、香料のはいっていないクリームに混ぜて自分の好きなボディクリームを作るという新製品「Scent Me」をみつけ、試しに買ってみたけど、しっとりしないし、ぜんぜんだめ。ぼつ。   

次に、匂いがとても気に入って買ったジョンソンアンドジョンソンのベビー用ローションの新製品を使い始めました。コストパフォーマンスものびもとってもよくて、お気に入り~と思ってたのに、なぜかぬり終わって時間がたつと、ぼろぼろゼリー状になってとれてきちゃう、、、。これって、ただ単にわたしが多くぬりすぎてるだけ?
a0072144_2343658.jpg
次に試したのが、Weledaの新製品、Mallow Body Lotion (Mallowって日本語でなんていうんだろう?辞書をひいても、「マロー、アオイ科の植物」としか載ってない)。のびがいい上に、肌がすごくしっとりしてめちゃくちゃいい感じ。でも、匂いがあんまり好きになれない。どうしても、へちまみたいなコジェットみたいな匂いに近い気がして、、。しかも、ベビーローションと違って1本が高いので、ばしゃばしゃ使えないし(苦笑)。なので、これもぼつ。

次は、Weledaのアロエヴエラ・ローションを試す予定ですが、「これ~!」って思えるものに出会えるまで、まだまだわたしのボディクリーム探しはつづきそう、、、、、。 xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-30 00:15 | cosmetics

Cotton Pads コットン

納得できるコットンがない!2日間の間に3種類のコットンを買うはめに、、、。まず、最初に買ったのがブーツのふつうのコットン。次に、ボディショップのコットン(前日に買ったブーツのコットンとまったく同じだった!)。最後に、またまたブーツに戻り、でも今度は赤ちゃん用のを購入。これだけ買ってもどれもこれも使えない、、、。唯一使えるのが、最後に買ったブーツの赤ちゃん用。最初に買った二つは、なんといっても硬い!硬くて硬くて使った後、肌がひりひりしてまいった。しかも、化粧水を吸いとるだけ吸いとってくれてしまい、なのに、化粧水の肌への浸透率が低いって、腹立たしい。最後に買った赤ちゃん用のは、他の2つに比べてやわらかいけど、うすっぺらいというかなんというか、、、。なんか表と裏だけがこげてしっかりしてるけど、中はほわほわのクッキー状態。日本製のコットンが欲しい~~。いつもはメナードのを使っていたけど、なくなって初めてわかるありがたみ、、、。日本のコットンの会社、なにしてんの~、はよイギリス進出してよ~! xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-27 23:30 | cosmetics

Yamato and Sotiris

a0072144_7533798.jpg
Black one is Grand Sotiris, named after my Greek friend Dina's goldfish, and the orange one is Yamato Jr, named after one of Japanese submarines, as he always stays at the very bottom of the water tank. Shaz phoned me one day and told me to stay in the flat until she got there. She said she'd arrive within 15 mins! I thought she was just stopping for tea, sand waited for her at the corridor entrance. She dashed to the fourth floor, and said, 'I've got a little present for you.' I didn't know what to say because I was too stunned by the present she gave me, which was Sotiris and Yamato in a watered plastic bag! 'Let's prepare the water for them. Hurry up, or they'll die! The girl in the shop said they had to be out of this bag within 15 mins, otherwise they'll die. So, water, water! So Shaz said, and we hurried to prepare the water for the tank (although I was slightly worried if it was ok to use the water straight from the tap). So sweet of Shaz to buy me the goldfish. She must have rememberd that I told her I felt I had to have a pet!
It's already been two months since Yamato and Sotiris were adopted! and they are super healthy, but honestly they hate humans; they are human-phobia, I have to say! They try to hide (although there's no place to hide in the tank) as soon as they can feel human presence and stay still until they feel safe to move around again. I feed them everyday, but they still don't learn who I am! Well, I've heard that fish has only a tiny brain so their memory lasts only 5 seconds!! but what makes me more worried is that it looks Yamato (orange one) always chases Sotiris. It even looks as if Yamato bullies Sotiris.... Maybe Yamato is male fish and chasing female fish Sotirisi.... I don't know. I might need another one to make the fish world a little more neutral... xxx
   黒いのを、ギリシャ人のお友達の飼っていた金魚にちなんで「ソティリス」と名づけ、橙色の金魚を、日本の戦艦ヤマトにちなんで(いつも金魚鉢の下のほうでじっとしているので)「大和」と名づけました。と或る日の夕方、シャズから電話がきて、15分以内に行くから絶対に家にいるよう言われ、自分の家に帰る前にお茶でも飲みにくるのかなぁと、のんきに廊下の扉を開けて待っていたら、シャズが急いで5階まで階段をあがってきた。「プレゼントもって来たの。」と言って、目の前に差し出されたのが、ソティリスと大和の2匹がはいった袋で、驚いたのとうれしいのとで声が上手にでなくて、、(苦笑)。「急いで水を用意しなきゃ。ペットショップの店員さんに、金魚を15分以上このビニールの中に入れたままにしておくと死ぬって言われたから、とにかく急いで来なきゃと思って!とにかく、水、水!」と言いながら、次にだしてきたのが、金魚鉢と鉢にいれる石とえさ!驚きでぼぉっとしてたら、「早く、早く、金魚が死んじゃう!」とせかされ、我に返ったわたし。水道水をそのまま使ってもいいんだろうか?と、疑問に思ったけど、選択の余地はないので、とりあえず気休めにBRITAのフィルターで漉した水を使いました。リヴァプールに遊びにきた彼(今は、元)が帰った後、意気消沈でシャズの家に行き、ワイリー(とてもお行儀のいいちっちゃくてめちゃくちゃかわいい犬)と会ってペットが飼いたくてたまらなくなったわたしに、ソティリスと大和をプレゼントしてくれたシャズって、なんてスイートなんでしょう♪
    それからもう2ヶ月以上経つけど、とっても元気なソティリスと大和♪。この2匹、とにかく人間ぎらいみたいで、人の気配を少しでも感じると、さぁっと逃げてプラスチックの藻の陰に隠れて(本人たちは隠れているつもり、笑)じっと動かなくなる。えさを毎日あげているのに、いまだに学習しないみたいで(金魚は脳みそがないから、5秒後には何をしていたか忘れてしまうと誰かに聞いて信じてたら、シャズのお母さんに、誰がどうやって金魚の記憶力を検査したんだろう?と言われ、今はとっても疑問に思ってます)、えさをあげようと思っても逃げて隠れてしまう(苦笑)。
    心配なのは、どうしても、いつも大和がソティリスを追いかけましてつついているように見えること!金魚のことを何も知らない私は、それが、2匹が仲睦まじくしている姿なのか、それとも大和がソティリスをいじめている姿なのかがわからなくて、見るたびに心配で不安、、、、。実は、オスとメスだったりするのか(笑)?? xxx
a0072144_2340316.jpg
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-26 00:35 | diary

発見 その1: M Jordan?

a0072144_7514587.jpg
I found a bizzare thing at a bizzare place in Liverpool (see the photo)!! My cousin Mari first noticed it while we were walking down Myrtle Street. M Jordan inside of Myrtle Pricinct (in front of the Egyptian cafe Shisha) that was used to be a really dodgy pace where there were drug dealers ! Very bizzare..... Honestly, it really looked like someone standing with a basketball, especially when you see that from a distance. I don't know why and how long he's been standing there though! but I thought it'd be worth taking a photograph and uploading it here :) xxx
   リヴァプールのこんな場所にこんなものを発見(写真下↓)!いとこのまりちゃんとMyrtle Streetを歩いていたときにみつけました。リヴァプールのMyrtle Pricinct(10年前はドラッグディーラーやらであふれていたこわい場所だったのに)に、M・ジョーダンを発見するなんて(笑)。遠くから見たら本当に誰かがバスケットボールを持って立っているように見えるんです。でも、なんでこんなところにいるのかさっぱり見当もつかない、一体いつから立ってるんだろう。でも、こんなのめったに見ないし、写真にとる価値あり!と判断(笑)。 xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-24 22:55 | Liverpool

Scrub Away your EX!

a0072144_2361544.jpg
"Scrub away your ex! Rid your body of unwanted "ex-ness". He's creepy and slimiy and the thought of him makes you shudder... Wash all of your feelings about your ex right down the drain. Wash away the bad feelings to leave you clean, refreshed and happy. It doesn't matter if he broke your heart, cheated or just had too much gas. Make a clean break and wash him away!"

This was written on a packet of this "Magical Washcloth" (see the photos below!), called "Scrub Away...Your Ex". I burst out laughing when this "washcloth" was popped out from an envelop, sent by one of my old friends, Kaz. Isn't she lovely to send me a little thing like this to cheer me up? Thank you, Kaz, really, I am trying to scrub myself hard in a shower! But, where on earth did she find the thing like that? xxx

「いらない“過去”は体から消し去って、元彼をごしごし洗い流そう!きもくてうざくて思い出すだけでぞっとする、そんな気持ちもどんな気持ちもシンクに思いっきり洗い流してしまって、体も心もすっかりリフレッシュしてきれいになろう!ふられたんだろうが、浮気して分かれたのだろうが、おならのしすぎが原因で別れたんだろうが、そんなことはどうでもいいからきれいになって元彼をすっかり洗い流そう~!」
a0072144_2364813.jpg
って、友達が送ってくれたこのマジック・タオル(商品名は「Scrub Away...Your Ex」)に書いてある。封筒をあけてこのタオルがでてきた時には思わず吹き出して、笑いが止まらなかったよ。元気づけようと送ってくれたんだよね、ほんとありがとね♪。ごしごし洗ってるよ~(笑)。でも、一体どこでこんなのみつけてきたんだろう(笑)?? xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-24 00:10 | diary

Anti-aging?

sorry, moved to http://sonogoloso.exblog.jp/ now.
http://sonogoloso.exblog.jp/ へ移動させました。
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-20 23:30 | food and recipes
You sometimes come across phrases and words you like or which touch you, don't you? I thought it'd be interesting to write them here when/if I had a chance to come across one. The phrase I saw in a little note space (which you can write next to your name in the MSN messanger window) of one of my friends' MSN, would be the first one to be on my blog. She is Colombian (who speaks very good Japanese, almost perfect!), and so it's written in Spanish. "El amor es un sueño en el que sueñan dos." I'm not quite sure the exact translation, but she said that it literary means something like "Love is a dream in which two people dream".
   Isn't it a pretty romatic (and very "latin", too!) phrase? I quite like it. Although there is no need to define it, this "love" thing is always complicated to explain (and sometimes even to understand), isn't it? Well, at least to me, it is. I think I'm very romantic or even hopelessly romantic sometimes that I admitted very recently ;), and so I kind of want to believe that "El amor es un sueño en el que sueñan dos.". xxx
たまに気に入った言葉やフレーズに出会うことがあるので、見つけたときにブログにのせてみようかなと思い、第一弾。 友達のMSNの紹介文(メッセンジャーの名前の横にあるちょっとした文)のところでみつけたのがこの文(とっても上手な日本語を話すけどコロンビア人なのでスペイン語)→ "El amor es un sueño en el que sueñan dos." なんていう意味か聞いてみたら、「愛とは二人でみる夢」と教えてくれました。
   ロマンチックでなんかラテンでかわいいなぁと :) “el amor(愛)”が何かなんて定義づける必要なんてないんだけど、でも、説明するのも認識するのもむづかしいんですけど、私には、、、。(最近ようやく認める気になったけど、笑)なんだかんだ言ってかなりのロマンチストだと思うわたしは、"El amor es un sueño en el que sueñan dos." 「愛とは二人でみる夢」、信じたいなぁと思ってしまいます(笑)。 xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-17 09:23 | diary

たまご毛穴パック

親戚のAさんから、最近、「たまご毛穴パック」なるものを教わりました。いたって簡単。たまごをお料理に使った後、捨てずに、殻の内側の薄まくをそっとはがして鼻の頭なんかの毛穴の汚れが気になる部分にぴったり(空気が入って隙間ができてるとうまくいかないので鼻の形にあわせてぴったりと)はりつけて、しばらくそのまま放っておきます。その間、笑ったり話したりしていても全然OK。そうしている間に、透明だった薄まくが真っ白になって乾いてくるので、完全に乾いたなぁと思ったらそうっとはがします。きれいに毛穴の中のごみがとれるのにびっくり!ビオレの毛穴パックに負けてない!と思った。そう思って欲張ってほっぺも口まわりもと調子に乗ってパックしてたら、たまごの白みにまけたのか湿疹が、、、。(2度ほど試したけど、2回とも湿疹がでたので、肌の弱い人はわたし同様鼻だけにしておいたほうがいいかもしれません。)でも、ほんとに、あの毛穴のぼちぼちを薄まくの上に見たときには、驚きでじっと眺めてしまいました、笑。美白効果もたっぷりらしいので一度試してみてください♪ xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-13 11:32 | cosmetics

World Cup Final

My Italian friend visitied me from South of Wales over the weekend, and after having gone to a Jazz Festival at Southport, we went to watch a final of the World Cup last Sunday, although I'm not a big fan of football. I was going to support France, only because I wanted Zidane to win and also because Argentina (my support of this World Cup!) was already out.... My friend didn't know who to support first. She's Italian, so she should support Italy, but she likes Zidane and personally wanted him to win (I believe almost everybody wanted France to win for him), but at the end of the day she was Italian, she started to support Italy (of course!) ;) There were bunches of people in front of us who were supporting Italy, which was a bit unlucky for me.
It was a quite good match, I think, but I thought that that referee was definitely in favour of Italy!!! (Well, next day I watched BBC news, and they said that 4 Italian football clubs were now under investigation for bribing to choose referees who were in favour of Italy! Would be disgraceful if it's all true.) But but but, the most upsetting thing was that Zidane was red-carded and out of the match!! I just could not believe my eyes what had happened and what he did... I was so disappointed at watching him leave the match like that. He'd been a great footballer for long (well, I don't know much about football, but everybody says so) and should have deserved to stay in the match and to win...... French supporters must have been devastated. Again, it was reported on TV here next day that there was a possiblity that the Italian defender made a racist comment on him. People may think an experienced player like Zidane could or should have handled it a little better, but a thing like this (a racist comment) can cut into the deepest part of your emotions, I believe. I'm not trying to justify his action but I think everybody has this little "button", something in your heart which not to be provoked, and sometimes people have more to protect than fame, I believe. xxx
先週の日曜日、ウェールズから遊びにきていたイタリア人の友達とジャズフェスティバルに行った後、ワールドカップの決勝試合をパブへ見に行ってきました(試合を放送しているパブを探すの大変だった。イギリスが負けたからかなり盛り下がってた、苦笑)。サッカーは全然好きじゃないけど、ジダンに勝ってもらいたくてフランスを応援(応援していたアルゼンチンもとっくに負けちゃったし、、、)。友達もジダンに勝ってほしいと思っていたけど(この決勝見ていた人のほとんどがジダンを勝たせてあげたいって思ってたと思うんですが、、苦笑)、イタリア人の彼女は、イタリアとフランスのどっちを応援すればいいのか最初迷ってて、でも、結局イタリアを応援。私たちの陣取った席がちょうどイタリアを応援している人たちの後ろで、私はちょっとがっかり。
いい試合だったなぁと思ったけど、絶対にあの審判イタリア寄りだった(次の日、イタリアのサッカークラブが自分たちの国をひいきしてくれる審判を選ぶよう後ろで動いていた疑いで調べられてるというニュースをみて、やっぱりぃ~と思った。本当だったらスポーツマンとして恥ずべき行為だよ~)!でもそんなことよりも残念だったのが、ジダンの退場、、、。もう、目を疑った。あんな形で最後の試合を去っていくジダンをみて悲しくなりました。ずっとすごいサッカー選手としてやってきたジダンだからこそ(って、私はサッカーのことよくしらないけど、皆がそう言ってるからそうなんだろうと思って)、優勝してもおかしくないのに、、、。例のイタリアの選手が何か人種差別的な発言をジダンにしたんじゃないかって、次の日にニュースでやっていて、皆同じことを考えてるなと思った。私も友達も試合を見ていて同じことを思ったから。それでも、ジダンくらいに経験をつんだベテランの選手ならそんなことくらいでって思われがちだけど、でも、こういう人種差別的な発言って、思ったより人間の感情の深い部分にぐさっとくるものなんじゃないのかなと思う。だからって、ジダンがしたことが正当化されていいわけじゃないんだけど、それでもやっぱり人間って誰でも触れられたくない何かって心の中にあって、それを守ること以上に大事なことなんてなくなっちゃう時もあるんだろうなぁと、考えてしまいました。
    気を取りなおしてメキシコ料理を食べにいったら、レストランが閉まってるし、なんだか悲しく終わった日曜日でした(笑)。 xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2006-07-12 22:47 | sports