リヴァプールでの生活を綴った日記。 Bits of this and that about my Liverpool life.


by e_rioblanco

カテゴリ:travel( 21 )

28th Apr 2007
2007年4月28日

I said “no” to Cathriona when she asked me if I wanted to come to see another play today. I don’t think anybody can blame for saying no after having watched that awful performance last night!

今日も演劇を見にいかないかとカテリーナに誘われたけど、
もちろん、答えはNO.
昨日の舞台劇を見た後だし、彼女もわたしの気持ちをわかってくれたみたい(苦笑)。

So, I decided to go and hunt Irish Linen tea towels and also go to this famous Chester Beatty Library to see some Egyptian papyrus manuscripts.

なので、わたしは、以前から機会があったら見てみたいと思っていた、
チェスタービーティー図書館エジプトのパピルスを見に行くことにした。
それと、アイリッシュリネンのティータオルも忘れずに探しにいかなくては。

Unfortunately there weren’t many places in Dublin I could buy Irish linen, although I managed to find one souvenir shop which sells different kinds of Irish line and bought a few additional to my linen tea towel collection.

残念ながら、ダブリンにはアイリッシュリネンのティータオルを売っている店がほとんどない。
唯一見つけたのが、アイリッシュリネンを扱っているお土産やさん。
お目当てのものをみつけ、早速購入。

I was again unlucky that some of the floors in the Chester Beatty has been under refurbishment and could not see most of the things I wanted to see. It was a shame, but at the same time this gave me a good excuse to make another trip to Dublin soon 

チェスタービーティーも不運なことにメインの階は改装中で、
見たかったものがみれなかったので、がっかり。
でも、これで、またダブリンにくる良い理由ができということで、良しとしよう(笑)。

I went to a café and did some work while Catheriona was watching another play. It was another beautiful but hot day, which has led us to a place for a good pint: PUB!

その後、カテリーナが劇を見ている間、わたしは小さなカフェで勉強を(苦笑)。
少なくても読み終わらせたかったarticleを読み終えれたので、ちょっとほっとした。

今日もとってもいい天気!
カテリーナと合流した後は、二人して早速パブへ直行

Cathriona took me to The Porterhouse on Parliament Street where is famous for their stouts. I have noticed that bar men in Dublin takes their job a lot more seriously than Liverpool, so they seem to know everything about beer and how to pour stouts properly.

a0072144_553552.jpgまず、最初にカテリーナが連れて行ってくれたのは、「ポータハウス」という名前のスタウトで有名なパブ。

バーマンがスタウトの注ぎ方をちゃんと知っているという印象を受けた。
超プロフェッショナルでちょっと感動。


When you order stouts, you’ve got be patient. Don’t get angry if they have you keep waiting at the bar, for it usually takes ages for a stout to be poured. It has to be settled (which takes ages), and be topped up again.

スタウトはちゃんと注ぎ終わるまでに時間がかかる。
カウンターで待たされていると勘違いしていらいらしてはいけないのです(笑)。
ビールが落ち着くまで待って(これに時間がかかりこの時点でグラスの八分目くらいの量)、
落ち着いたら、グラスにいっぱいになるくらいまで、再度注いでできあがり。

a0072144_5524554.jpg

Photos: The front one was the one I had, Oyster Stout, and the one right behind it was Plain what Cathriona ordered. I like Oyster Stout but have never known till this moment that Oyster Stout was made from oysters!

写真:手前のグラスがわたしが頼んだオイスタースタウトで、
右側に写っているのがプレインという名前のカテリーナが頼んだスタウト。
オイスタースタウトは好きだけど、まさか本当に牡蠣でできているとは知らなかった、、、。


a0072144_55486.jpgCathriona’s friend Alison and her husband Connor booked a table for us at a Japanese restaurant “Yamamori”. I liked the whole theme of the interior design. Surprisingly I liked the food, too! 

カテリーナのお友達のアリソンとご主人のコノーが予約してくれていた
日本食レストラン「ヤマモリ」で、夕食。

レストランの内装がかなりわたし好み。
お料理も驚いたことに割りとおいしい。


a0072144_5544247.jpgThe price was very reasonable and the food was definitely worth the money. People often say, “what you pay is what you get.”, but I think in Yamamori you can definitely get more than what you pay! 
お値段も手ごろで悪くない。
安いレストランだとそれなりのものしか食べれないことが多いけど(特にイギリスでは)、
ここは絶対にお得感100%な値段と味


a0072144_55562.jpgThe interior was stylish with very airy, bright open space, the service was good and efficient, staffs were friendly, it was not expensive, and the food was good. I wish we had this restaurant in Liverpool…. If we did, I swear, I would have dined there every week 
わたしがいいと思ったこのレストランの内装は、
光がたくさんはいるオープンスペースな造りで、
色使いなんかもとてもスタイリッシュ(写真上のメニューもデザインがなんかいい感じでしょ?)。

a0072144_5552920.jpgサービスもかなり
ウェイターさん達はみんなフレンドリーだし、やることがスムーズ
お料理はそれなりにおいしいし、お値段も悪くないときたら、もうみんなに宣伝するしかないでしょう(笑)。

リヴァプールにこのレストランがあったら、絶対に毎週通うよ、わたし。

Photos: Bento box Cathriona had. Yakiniku dinner set I ordered. Tekka-maki Connor had for his starter.
写真(上から順に)カテリーナの食べたお弁当セット。わたしの食べた焼肉セット。コノーの前菜の鉄火巻き



a0072144_5561455.jpgThe pub they took me after the dinner was the oldest pub in town, The Brazen Head on Lower Bridge Street). The building reminded me of a pub-looking place in Vienna.

レストランの後に、みんなが連れて行ってくれたパブは、
「ブレズン・ヘッド」という名前のダブリンで一番古いパブ
ちょっとウィーンで行ったホイリゲを思い出させる雰囲気。


It has been many years since the last time (and the first time ever!) I had Guiness. I had promised to quite a few friends before I came to Dublin that I was going to try Guiness in Dublin, although the idea did not really appeal to me. It was simply because I had such a bad experience the first time when I tried Guiness, I decided that I would never like Guiness and swore myself never to drink it again. Yet, here I was, in the oldest pub in Dublin, enjoying a pint of Guiness with such delightful companies!

a0072144_55726.jpgあまり乗り気じゃなかったけど、
ダブリンに行ったら絶対に飲むように言われていたギネスを頼んでみた。

最後に(最初でもあるんだけど、苦笑)ギネスを飲んだのは何年前だろう、、、?
最初に飲んだギネス(イギリスで)がまずかったせいで、どうしても好きになれなかったギネス。
二度と飲むものかと誓ったのに、お友達とダブリンで飲んだこのギネスの
おいしかったことと言ったら、口では表わせない(笑)。

It is funny, but it looks like beer in general does not match me anymore. Lager especially. I like it less and less these days, and so I started to drink stouts or bitter if I have to or want to drink beer that does not often happen recently.

おかしな話しだけど、最近なんだかビールが全体的に口にあわなくなってきた。
特に、ラガーがだめ
もし、ビールを飲まないといけないときは、ビターかスタウト
(でも、できればスタウトがいい)しか、飲めないようになってきた。
ん~、なぜだろう。

a0072144_6141033.jpgAnyway, all the bad experience of Guiness was wiped out, and now I only drink stouts from tap (especially Guiness, since it is usually only stout most of pubs have in tap) 

とにかく、二度と飲まないと誓ったほどまずかったギネスが、
今では一番好きなビールに早代わり(笑)。

パブに行って飲むビールは、今では、スタウトのみ
イギリスのほとんどのパブではスタウトというとギネスしかおいてないので、
最近はもっぱら生ギネスを飲んでます。

でも、ギネスって鉄分をたくさん含んでいて、女性の身体にいいらしいんですよ(笑)。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-04-28 22:37 | travel
27th Apr 2007
2007年4月27日


a0072144_2035058.jpgNoel gave us a lift to the nearest station called Booterstown (a funny name!). The view from the station was faaaabulous!

ブーターズタウン」というおもろい名前の駅まで、ノエルに車で送ってもらい、ミリーの働いている小さな街まで行って、お昼を一緒にすることにした。




この列車の駅からの景色ときたら、素晴らしい~(写真下)。


a0072144_20331430.jpg


We took a train, DART (the ticket looks cute, don’t you think? It has kind of retro looking in this 50’s blue), to meet up with Milley for lunch at her local pub.

a0072144_2035364.jpg
列車の名前、変わってる、DARTっていうらしい。

また、切符がレトロチックでとってもかわいい。



Guess what I found in the train! This!
載った列車の中でこんなものを発見!
↓↓↓↓↓

a0072144_20372588.jpg


“I have to take a photo.”, that was what I said to Cathriona. This Irish train is in fact a Japanese train made by one of the biggest train companies Tokyu!

東急電車」のサイン!
もう、絶対に写真に撮るしかないと思って、人目を気にせず撮らせてもらった。
いい感じの列車だと思ったら、やっぱり日本の列車だったのか(苦笑)。

We had a lovely lunch in a town/village where Milley works.

ミリーの行きつけのパブで一緒にランチ。
パブなのに、かなりおいしくてびっくり。

a0072144_20403769.jpgCathriona suggested to take a walk to a town called Dalkey. It was a beautiful day, and we walked alongside the sea. (Photos below and left were taken on the way to Dalkey).

食事の後、カテリーナが、ドーキーという街までそんなに遠くないから歩こうというので、とってもいいお天気の中、海沿いを歩くことにした。
写真は、歩いている間に撮ったもの。


a0072144_2165173.jpga0072144_2171924.jpg

a0072144_2042690.jpga0072144_218947.jpg

On our way, Cathriona pointed at a place which looked like a causeway and told me that she once saw people wearing black or white robes doing some kind of ritual here.

a0072144_20471917.jpg途中、海岸のある箇所(写真右)で、以前、
黒か白のローブのような服を羽織った人たちが
何かの儀式みたいなことをしていたのを見たという話しをカテリーナがしてくれた。

その人たち、実際に水の中に入ったりしていたらしいので、やっぱり儀式だったんだろうなぁと思う。


a0072144_218437.jpgIt was quite a walk, and I was exhausted by the time we finally got to Dalkey, phew….

そんなに遠くないというのは大嘘で(笑)、かなり遠かった、ドーキーまでの道のり。
着いた時にはもうげっそり。


We did not stay long at Dalkey. Actually, we did nothing except having some organic fruit smoothie, but I already liked this small town. I could easily visualize myself enjoying living here 

時間がもう3時を過ぎていたので、
ドーキーでは有機果物のスムージーを飲む以外には何もしなかったのに、
わたしはすっかりこの小さな町が気に入ってしまった
なんだか楽しく住んでる自分が想像できてしまったし(笑)。

We took a train back, this time, to the centre of Dublin. It was surprising to see so many people in town.

列車に乗って、今度はダブリンの街中心まで出ることにした。
着いてみて、人の多さにちょっと驚いてしまった。

We wandered around in the centre a bit and, of course, did a bit of shopping as well (my trip is never be completed without shopping!). The great shop called “Penny’s” which is called “Primark” in uk is fabulous place to buy cheap clothes! I bought 2 tops, and those cost me less than 15 pounds.

ちょこちょこもちろんお買い物もしつつ
(わたしの旅行は、お買い物がなくては始まらないのです♪)、
ダブリンの街をぶらぶら案内してもらった。

ペニーズという名前の服屋さん(イギリスでは、プライマークという名前)、めっちゃ安い!
長袖と半そでのトップ1枚ずづ、2枚を3000円以下でゲット♪


a0072144_21175751.jpgI just loved the architecutre in Dublin. All buildings look so pretty and Georgean. This (photo righat) was one of the building I could not resist takinga photo. It was a shame that some supid people had decided to ruin it with graffito! I hate graffitos, in any kinds of forms. It cannot be an art. No way.

ダブリンの建築がとても気に入った。
どの建物もすごいかわいい。
ジョージアン様式の建物で街があふれてる。
この右の写真の建物は、かなり気に入って写真にどうしても撮りたくなってしまった建物の1つ。

a0072144_21221627.jpg落書きに超むかつく
ばかな人のせいで、素敵な建物がだいなし。
落書きって大嫌い。
断固として言いたい、落書きはアートじゃないっ
(と、わたしは思う。でも、これはまたの機会にブログで議論したいと思います、苦笑)。



a0072144_20484134.jpgAfter a long day, what I needed was good food and nice wine! Great place Cathriona took me was. The Italian bar-restaurant was called “Inotaka” (which Cathriona first thought the name was Japanese). We sat at an outside table and had a mezze platter thing and nice chianti.

a0072144_2049154.jpg1日歩いたあとは、おいしいものが食べたい。
おいしいワインもあると最高。

カテリーナが連れて行ってくれたイノテカというイタリアバーは、外にテーブルがあってとってもいい感じのお店だった。

おいしいキャンティに、チーズと生ハムの盛り合わせを注文し、大満足。


We kind of spontaneously decided to watch this play about which Cathriona had read a good review. I cannot remember what it was called, but it was an awful play.

突然決めた舞台劇観賞
前評判で良かったのをカテリーナがどこかで読んで決めたこの劇、
名前すら思い出せないくらい最悪だった。

I did not like it at all. Neither Cathrina unfortunately. I just could not feel any sympathy or empathy to any of the characters. There was no emotional connection between me and the play: it was only disturbing. Simply too painful to watch.

カテリーナもわたしも全然好きになれなかった
なんか、登場人物の気持ちに共感できない。
舞台設定にも共感できない。
どこにもセンセーショナルな部分がないし、感情的に揺さぶられない。
見ててつらいだけの舞台劇だった。

A group of three people who sat next to me had left the theatre between the interval. It was that bad. Yet, Cathriona heard the girl sitting behind us said that even someone like she who was usually very critical about theatre things loved it and it was the best she had ever seen! How on earth anybody can like that play? I don’t know….

わたしの横に座っていた人たちは、一幕目の後に帰っちゃった。
めっちゃ気持ちわかる、、、。
わたしも帰りたかった、正直言って(苦笑)。
Liverpoolで見てたら絶対に帰ってたと思う。

なのに、わたしたちの後ろに座っていた女の子がべたぼめしているのを聞いてしまった!
「わたしってほら、舞台劇に関してはすごい辛口じゃない?
でも、これは今まで見た中で一番よかったわ!」

え~???
ありえん
こんなの良いと思える人の気がしれん。
どんな脳内神経してるの?見てみたい。

When you see a bad play or a boring exhibition, the only thing you want to do is to go home and have a nice cup of tea, isn’t it? Well, that’s Cathriona and I felt like doing after the bad play. What a way to end the day….

退屈な美術展示とか最悪な舞台劇とか見た後って、
他にはなんにもしたくない気分になる。
不機嫌になる。
ただただ、家に帰ってゆっくりしたい気分になる。

この劇を見た後は、二人してとっても疲れてしまい、
なんだかいいスタートだった一日が台無しな気分で帰路につきました、、、、。

舞台劇すごい好きだけど、このせいで当分見たくないかも、、、(苦笑)。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-04-27 23:29 | travel
とうとう、行ってきました、ダブリンへ!

10年ぶりのダブリンは、記憶の奥のダブリンとは全く違ってました。

夜のフライトだったので、空港から直接カテリーナのご両親のお家へ。

ノエルが、暖炉をつけてくれて、、。

a0072144_11125164.jpga0072144_11131175.jpg

本物の暖炉って、めっちゃくちゃあったかい~♪

ベッドルームには、お花とミリーからのかわいいカードが♪。

バーク家に暖かく迎え入れられ、明日からのダブリン観光がとても楽しみです。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-04-26 22:10 | travel
a0072144_4474312.jpg15th January 2007, Paris.
2007年1月15日、パリにて。

I had to get up very early for my early flight this morning.

久しぶりの朝のフライトで、超早起き。

The early morning sky looked really beautiful, I took a snap shot in from to of Thierry's flat.

ティエリのフラットを背に、あまりにきれいな朝焼けに写真を一枚。

It wa good to see Thierry again and to spend time in Paris with Lui and Satoko. I had such a lovely time that I had forgotten all the bad feelings I had before the trip. I was feeling a bit low, but they have really brightened me up! Thanks! With fullest happy-vibes I got from them, I was now ready to go back to England!

久しぶりのパリ滞在、
るいちゃん、さとぴー、ティエリにも会えたし、
とっても楽しく、
落ち込んでた気分もぶっとび、
ハッピーパワー充電で、
帰国しました♪

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-15 19:37 | travel
14th January 2007, Paris.
2007年1月14日、パリにて。

a0072144_4364731.jpg
I could not wait to go to this creperie, Josslan (sorry again, I don’t know how to spell it). It has been a long time since.....

久しぶりのジョスランにわくわく♪
やっぱりクレープはジョスランに行かないと!


To see the rest, go to http://sonogoloso.exblog.jp/
続きの投稿記事は、http://sonogoloso.exblog.jp/へ。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-14 21:32 | travel
14th January 2007, Paris.
2007年1月14日、パリにて。

ティエリも加わって、レ・アルの「Le Pain Quotidien」でブランチ♪
またもや、もりもりブランチセットを食べてしまいました(笑)。

a0072144_8322168.jpgお腹がいっぱいになった後は、
マレでぶらぶらお買い物♪

雑貨屋に行きたいというさとぴーを、
Pylonというお店に連れて行きました。

キッチュな小物がいっぱいあるこのお店、
三人そろって色々購入しました♪

るいちゃんは、フルーツボウルとスパチュラを、
サトピーは、お友達のお土産にとってもかわいいシリコンのコースターを。

a0072144_8455054.jpgわたしは、
シリコンのいちごの氷型、
ヌテラナイフ(写真)、
タンゴグラスを。

このタンゴグラスは、
友達のBDパーティーでの企画のプレゼント交換のためのもの。

「元気の素」というテーマで、
3ポンド以下のプレゼントを用意しないといけない。

3ポンド(700円くらい)以下のプレゼントって、
正直言って、かなりきつく、なかなか探せなかったんですが、
これでやっと解決!ほっ。

マレ散策中に気づいたこのサイン(写真下)!
なぜ、インベーダー???
a0072144_8325668.jpg

というか、なんなの、これ?


ティエリに聞いたところ、なんかのゲームなんだそう。
街あげてのゲームってこと?????

最後は、歩き疲れてカフェを探すけど、どこも満席、、、。
やっとのことで、オテル・ド・ヴィル近くの
またまた、Le Pain Quotidienへ(朝とは別の支店)。

a0072144_8334431.jpg


このジュース、めっちゃおいしかった♪
ベリーで元気も補充♪


さぁ、夜のクレープへ向けて、レッツゴー!

(とは言ったものの、この時点で、わたしのお腹は、
「まだ食うんか~?」という状態。
クレープ食べれるんだろうか、、、。)


続く、、、。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-14 20:30 | travel
a0072144_8553981.jpg13th January 2007, Paris.
2007年1月13日、パリにて。

It was the La Chevre au Plafond that we came to have dinner on my third day of Paris. Cheese is the speciality of this restaurant.....

To see more, go to htpp://sonogoloso.exblog.jp/

やって来たのは、パリに住むお友達の彼氏の大親友がやっているという、
チーズ専門レストラン「La Chevre au Plafond」.....

続きの投稿記事は、htpp://sonogoloso.exblog.jp/へ

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-13 22:51 | travel
13th January 2007, Paris.
2007年1月13日、パリにて。

We got back to the hotel, had a rest a bit, and prepared the tea for the cakes we bought from Gerard Mulot.

お湯沸かしてお茶の準備も万端。

I opened the box, having been excited, yet I was stunned to see what was in the first bag.

さぁ、念願のケーキと思って、開けたら、
何これ???

How could it be possible to place the cake upside down? Impossible. This patisserie Gerard Mulot cannot be that famous when a shop keeper cannot even place cakes right in a box/bag!
a0072144_6514325.jpg

エクレア、まっさかさまにいれてあるし。
ありえん。
ほんまに有名なケーキ屋か、このジェラルド・ミュロ?

I was now really worried to open the next box…. I somehow sensed that there would be something wrong inside of the box, and I was right.

次の箱を開けるのが心配になってきた、、。
やっぱり予感的中!

What the hell are these tacky coloured things in the box? Where are my cakes?!!!?
a0072144_649343.jpg

なんなの、このぎんぎら色したお菓子は!
わたしが買ったケーキたちはどこ?
勘弁してよぉ、あの店員~。

Oh, nooooo. It seems we are having another trouble here, again. We have had a perfect day today until now…
ここまで、超順調にきてたのに、
やっぱり、また、ハプニングか!(笑)

It looks like that one of the shop keepers had misplaced cakes someone else bought and given them to me, and this thing I was mistakenly given was macarron, which I dislike most! Why on earth did it have to be macarron that was swapped and misplaced in my box, why not something else but macarron?  Mmmmm, damn!

しかも、なんでよりによって、取り違えられたお菓子が
わたしの大嫌いなマカロンなわけ(怒)?
ありえない、まじで。

Thierry said that what I have got here now was more expensive than what I had actually bought, but who cares that 12 macarron was more expensive than what I had bought, when macarron was the thing I dislike the most?

わたしが買ったケーキより、
この間違えてもらったマカロンのほうが高いといわれようが、
いらんもんはいらん!

Yet we were so tired and none of us had any energy left to go back to the shop to make a complaint.

しかし、もうあそこまでまた返しに行く元気は、
わたしたち3人の誰にももう残っていません、、、。

What can we do with the macarron now? We had two options: not to eat and throw them away, or to have a little taste of each of them. Curiosity among three of us finally won.

こうなったら、チョイスは二つ。
食べずに捨てるか、全部試してみるか。
こうなったら、この奇妙な色したお菓子の味を食べてみるしかない。

I could guess what brown one might taste like ok, but who could possibly guess what they taste like when the colour is this schoking-pink or super bright yellow-green?

茶色かったりすると、チコレートかな、くるみかなとか想像ができるけど、
このどぎつい黄緑とどはでなピンク、一体どんな味?

We should have thrown them away without even thinking of trying to taste.

好奇心に負けたのが悪かった。

They were horrendously disgusting! I am sorry, but I had to spit them out! This is impossible. There cannot be anyone in the world who thinks these taste nice. Unbelievably sweet, unbelievable flavour, unbelievably disgusting.
a0072144_6505045.jpg

究極のまずさに、申し訳ないですが、口からはきださせていただきました。
なんやこのまずさは!
ありえない味のコンビネーションにありえない甘さだし。

I cannot wait to go to this cheese restaurant now to eat something nice to get rid of this horrible taste in my mouth!!!

口直しに早くレストランへいきたい~。

To be continued….
続く、、、。
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-13 22:20 | travel
a0072144_6552555.jpg13th January 2007, Paris.
2007年1月13日、パリにて。

途中、サン・シュルピス教会の横を通り、
ここが「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台と、
張り切ってガイドしたのに、二人とも話しを知らないし、、、(苦笑)。
日本に帰ったら、本読んでね!

ジェラルド・ミュロは、ウィンドウディスプレイがかわいかった♪

中は、お客さんで混み混みで、しかも買うのに列!
週末だからなのか、ここがジェラルド・ミュロだからなのか!?

プラス、並ぶところが店の手前と一番奥と二つあるのはなぜ?

奥には、買ったケーキを食べれるようにスタンドがあるし、
パンが売っているから、あちらはブロンジェリーだと決めつけ、
手前の列に並びました。

a0072144_6543456.jpgコーヒーエクレアがある~♪。
もう、それに決定!
今回はパリで絶対にエクレア食べるぞ~と決めていたので、
目がエクレアにしかいかない(笑)。

やっと次だと思ってわくわくしてたら、
目の前で別のおじさんにコーヒーエクレアを奪われた!!
最後の1個だったのにぃぃぃぃ。

るいちゃんのタルト・オ・シトロンも目の前でおばさんにうばわれ、もう撃沈。

とりあえず、気を取り直して注文したら、なんかレシートのような紙をくれ、
向こうに行くように言われたので、奥の列に並んでみたけど、
なんで、あっちのケーキカウンターで注文して詰めてあるものを、
こっちのはるか彼方のカウンターで受け取るわけ?

これは絶対に間違ったところに並んでると思い、
もう一度、注文したカウンターに戻って、チケットを見せたら、
やっぱりこっちだったみたいで、袋をもらった。

でも、お金を受け取る気配がちっともない。
どうなってるの?

そのまま帰ればよかったのに、
馬鹿正直にお金を支払ってないと言ってしまった。
言った時のお店のお兄さんのあせりよう(苦笑)。

必死で捨てたチケットの中から、再度、捜して出してくれて、
無事、奥の列へ。

これが、死ぬほど要領の悪い客さばき。

パンを買う客と注文したケーキを支払う客と、なんで同じ列にするわけ?

ケーキの注文とる人は4人もいるのに、お金払うところは一人しかいないわけ?
ありえないでしょ、それ。

店内改装したほうがいいよ、このケーキ屋。

この時点で、もうくたくた。
荷物を置きに、ディナーの前に一旦ホテルへ。

そこで、またまたハプニング(笑)!

続く、、、。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-13 22:10 | travel
13th January 2007, Paris.
2007年1月13日、パリにて。

Heading now to Patisserie Aoki, which was one of the patisseries my friend Lui wanted to go.

サンジェルマンを後に、パティセリ・アオキへ向かった。

It was a small cake shop.

パティセリ・アオキは、とってもちっちゃなケーキ屋さんでした。

I decided to wait outside. There was nothing particularly I wanted to see or eat there. All the cakes looked unappealing to me. It was the colour of the cakes that put me off. I was expecting something more Japanese, but they all looked very European (when I say “European”, it means shocking vivid colour of the cakes and a combination of chocolate and fruits).

想像していたよりもかなりどぎつい色したケーキとか、
果物とチョコレートとかいかにもフランスっぽい組み合わせのケーキが多くて、
わたしはちらっと見て、外で待つことに。

I do not particularly like this combination of chocolate and fruits on puddings, especially citrus or berries with chocolate. Patisserie Aoki’s cakes were full of these kinds.

ベリーとかシトラスとチョコの組み合わせって一番嫌いなので、
外国のケーキやお菓子は、うげぇって思うものが多いけど、
ここはその宝庫という感じでした(笑)。

Lui was also disappointed at their cakes, and did not buy any of fresh ones. She bought only cookies and things like that.

るいちゃんもケーキにはちょっとがっかりした様子。

Well, let’s go to the next patisserie, Lui’s favourite “Gerard Mulot”!

焼き菓子をお土産に買い、
次は、本命のジェラルド・ミュロへレッツゴー。

To be continued….
続く、、、。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-13 21:58 | travel