リヴァプールでの生活を綴った日記。 Bits of this and that about my Liverpool life.


by e_rioblanco

カテゴリ:diary( 64 )

へなちょこダビデ画伯の最新画
前回の蟹よりは、まとも。

With (イタリア語ではcon)の使い方の説明時
(アイスクリームをコーンで食べるときの注文の仕方)に、
ダビちゃんが描いた絵。

a0072144_3491122.jpg


アイスクリームらしいんですが、
なんともいえない下手さ加減がいい感じだと思うんですが、笑。

そして、
今回新たに加わるのが、
ダビちゃんのお友達のレイ

これ、何にみえますか?

a0072144_3493722.jpg


棺おけらしいんですけど、わからん!


他にも彼が、コースターの裏に描いたものを3つほど。


a0072144_3501439.jpggoogleサーチの説明時の絵。

なぜ、この絵?


a0072144_3504936.jpgアイルランドの場所説明のときの絵。

これはかなりうまい。
すごい速さで、ささっと描いてしまった。


a0072144_3511486.jpgレコード(LP)説明時の絵。

「日」という感じの元になる象形字のよう。
とてもじゃないけど、LPには見えません、、、。


こんなんですが、
実は、この方、
正真正銘、本物の画家さんなのです。

でも、画家の描く絵じゃないよ、このLP、笑。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-04-02 17:41 | diary
a0072144_10285271.jpgSomething wrong with the world nowadays.

なんか間違ってませんか、これ?

It is still the beginning of April, but people are talking about Christmas already?

まだ、4月も頭なのに、もうクリスマス?

This is becoming too much for the last few years. Can people here think something better than Christmas, for god’s sake, and enjoy this moment? We have been having a beautiful weather here!! It is a way too early even to think about a bank holiday at the end of August!!!

毎年、クリスマスのディスプレイが早くなっているのは知っているけど、
これは早すぎでしょ?
8月の祭日の話しするのですら、まだ早いっちゅうの!

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-04-01 08:28 | diary
a0072144_10282072.jpg24th March 2007, Sharon and Mike’s
2007年3月24日、シャロン・マイクの家

My debut painting!
今日は、わたしの初ペンキ塗り!

This was my first time to have learnt to do a proper DIY, and I think I really like to paint. I found it fun and I think I am quite good at it, although I do not think I was much help. a0072144_10285366.jpg

生まれてはじめての本格的DIYをかじりましたが、
ペンキ塗り、かなりはまりそうです。おもしろい。
それに、けっこうペンキ塗るの上手なんじゃないかと思うんです、わたし(笑)。
シャロンとマイクのすごい役に立ったとは思わないけど、楽しかった~。

My whole body was aching for the next few days though…

でも、その後の3日間ほど、体中が筋肉痛で痛くて、泣きそうでした、、、。a0072144_10294559.jpg

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-29 21:38 | diary

Haled Sunday: 雹な日曜日

18th March 2007
2007年3月18日

a0072144_2315186.jpg
Bloody freezing!!
I cannot believe how cold it was today.
It is already in the midst of March, but it haled.
It did not just hale, but really badly haled with strong wind and rain.
It was like a haled blizzard!

めちゃくちゃ寒い!
3月も半ばなのに、吐いた息が真っ白だしっ!
しかも、が降ってるしっ
それも、並大抵の雹じゃなくて、めちゃくちゃ激しい雹に、強風に雨、、、。

And why did I have to walk more than half an hour to a friend’s flat on a day like this?? Sigh…

その中を、友達の家まで30分以上も歩くはめになった私って、、、(泣)。

あまりの雹の激しさに写真も撮れなかった。
結局、撮れたのは、わたしのアパートの部屋の扉の前に敷いてある
ウェルカムマットに積もった雹だけ、、、(写真上)。
これでも、このマットの上にはちゃんと屋根があるんですよっ。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-29 19:57 | diary
a0072144_3523650.jpg15th February 2007.
2007年2月15日。

Isn’t this a cute one?

こんなかわいいカードをみつけました♪

I found it in a shop called Utility on Bold Street. The angel on the card looked so cute in sleeping on the sofa, but the poem beneath it sounds pretty cute too.

Liverpoolでは、数少ない雑貨屋の1つ「Utility」で、
天使の絵がかわいいなぁと思い、手にとってみたら、

絵に添えてある文章も、なんだかとってもかわいい。

“While cupid sleeps there are millions of single women over the age of 35 panicking.”

「キューピッドが眠っている間は、何万人もの(35才以上の)独身女性が、かなり困っています。」

This is so true! I can understand more easily the fact that I am still single when it is put into sentences as lovely as like this :)

確かにそのとおり!
こんな風に考えると、いまだにシングルなのもなんとなくうなずけてしまう(笑)。

You should not be sleeping, Cupid. Go and throw bunches of arrows all over Liverpool! 

でも、キューピッドさん、
眠りこけてないで、がんがん弓をはなって、がんばってもらわないと(笑)。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-19 06:01 | diary
It is not often that I find actors and singers sexy or so attractive,

俳優とか歌手とか死ぬほどセクシーって
思うことってあんまり無い。

but this man!, he is definitely exceptional,
Gael Garcia Bernal!
He is so deadly handsome!

でも、この人だけは別、ガルシア・ベルナル
かっこよすぎ!

He is not tall and he is a Latino. Neither Latino men nor short men are appealing to me. I am usually attaracted to men who are tall, who have fair sking and fair-coloured hair, and whose face is not strong featured (like people from the south of Europe). I find most of Scandinavian men attractive; the best example is Kimi Raikkonena, a F1 racer. He is so my type :)

背も低いし、ラティーノだし、私の好みにはちっともあてはまらない
(私の好みは、背の高いうす顔北欧王子様系、F1レーサーのキミ・ライッコネンが超好み!
今年からは、っていうか今日だしF1開幕、フェラーリでがんばる彼です)。

a0072144_1295146.jpg
However,
Gael Garcia Bernal has a face
like a woman’s dream;
so charmingly sexy.

なのに、彼は、セクシーで格好いいと思ってしまう。

Look at him on this photo
(in Marie Claire I bought only
to see this page, how sad was it)!

このマリ・クレールの彼を見て
(このためにこの雑誌買ったようなもの)!
こんなにセクシーでいいの?!

I don’t know about other girls, but I found his eyes and his mouth are/is very sexy. His nose is also kind of perfect, isn’t it? neither too big nor too small.

他の人はどうか知りませんが、
この人の目と口がとってもセクシーだと思うのです。
もちろん、鼻も大きすぎ小さすぎでいい感じだし(笑)。

He says in Marie Claire,
“I don’t know what makes a sex symbol, but I have neither muscles nor height, so it’s nice to make it there!”
Kind of modest, isn’t he? ;)

本人は、
「何を見てセックスアピールとみんなが感じるのかわからないけど、
僕は、マッチョでもなければ、背も低いのに、
セックスアピールがあると言われてるなんてうれしいですね。」と、
いたって謙虚。

I cannot wait to go and watch The Science of Sleep!

The Science of Sleep、今から見に行くのが楽しみです。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-18 12:13 | diary
14th February 2007.
2007年2月14日。

It was very quiet this year’s Valentine’s day, especially when I compare the day to the one last year!

今年のヴァレンタインは、
去年に比べるととても静かに過ごしました。

Valentine’s day last year was romantic that I was in Paris with my ex-boyfriend who came to the airport to see me off. There was no card or flower, but that was ok, as it was already so romantic that we did not need anything else, but us. Having been in Paris on Valentine’s day kind of helped the situation more romantic, I think :)

昨年のヴァレンタインと言えば、
パリにいて、空港まで見送りにきてもらったりして、、、。
カードもお花もなんにもなかったけど、
二人でいるだけでなんだかロマンチックだったのを覚えています(笑)。
ヴァレンタインの日にパリにいるっていうことだけで、
もうすでにロマンチックな雰囲気に浸っていたのかも(苦笑)。

I have read it somewhere, someone was describing Paris like this;
どこで読んだかもう忘れましたが、
誰かがパリをこんな風に書いていました。

“Whenever you miss someone or something, come to Paris;
it is a good place for such mental states.
The place will fill in the empty nooks and crannies of your soul.
Paris is not so much a romantic place, but a place for romance.”
This is so true, I believe.

「人恋しくなったら、いつでもパリに行くといい。
パリは、人間の心の隙間や暗い部分でいっぱいの街だから、
無性に人恋しくてなんだか寂しい気分の時にはぴったりの場所だ。
パリっていうところは、決してロマンチックな場所ではない。
パリは、ロマンチックというよりは、
ロマンス(恋愛)のための場所だ。」

This year, I had this vertigo with nausea, simply resting in my flat, watching a tv, listening to music, reading a book, and having a chat on msn with a friend! I was quite content with that, but such a difference from last year’s romance in Paris though!:)

今年は、このめまいのせいで、じっと家にいてテレビをみたり、
音楽を聴いたり、本を読んだり、お友達をMSNでチャットしたり。
それなりにハッピーな1日だったけど、
去年の同じ日にはパリでロマンチックにやっていたのと比べるとすごい差(笑)。

Talking on msn with a friend, on next year’s Valentine’s day we should be out having dinner with someone instead of having a chat on msn! I gave him a mission and made him promise me to look for a nice man for me! Aaaand, don’t forget that you promised me, Mike ;)

MSNで友達とチャットしているとき、
お互い、来年のヴァレンタインには一緒にチャットしてないで
誰かとでかけてるといいねと、友達に言われたので、
そういうなら、誰か良い人わたしのために探してねと、
ちゃっかりお願いしておきました♪
とってもナイスな背の高いジェントルマンくんを用意してくれるとのこと。
楽しみにしてるよ~、マイク(笑)♪

I hope I will be out at somewhere nice with someone nice on next year’s Valentine’s day!

来年のヴァレンタインは、誰かいい人とお出かけしているといいなぁ。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-10 08:46 | diary
11th February 2007, in the kitchen.
2007年2月11日、自宅キッチンにて。

New shelves are fixed in my kitchen. At last!! Hurray!

やっと、キッチンに新しい棚をとりつけました♪
やっとです、やっと。

2 Mikes were my saviors. They came (not with a shining armour but) with an electrical drill and nails to save my kitchen, and all was done after only 20 mins (maybe even less)!
a0072144_3493318.jpg

二人のマイク、もう、神様だわ!
王子様とは言わないけど、
電気ドリル持って、釘いっぱい持って、やってきてくれて、
ものの20分もしないうちに、3つも棚が!!

As the walls in my flat are concrete, it had to be done properly.

わたしのフラットの壁はコンクリートの硬いのでできているので、
きちんと釘をうたないとぼろぼろ壊れてしまうんです。

Looking at them doing drilling, I didn’t think this was a job for women! This is definitely a man’s job, boys!

でも、二人が棚をつけているところをみていたけど、
これ、女の人には絶対に無理だと思う~。
絶対に男の人の仕事ですよ、これ、男性人のみなさん!

They let me do a little bit of last touch (final drilling to screw one of the nails), so that I could feel that I also contributed, although I did nothing except supervising! They are sweet, aren’t they? :) Thank you, Mike and Mike!
a0072144_3524772.jpg

少しだけ電気ドリルで釘をいれさせてもらいました。
ちょこっとだけでも、参加した気分になれるようにと、
最後の仕上げだけを残しておいてくれたんです!
いい人たちだ。
ありがとね、マイクとマイク~♪

but you know what? I think I need more shelves :)

でも、実は、
まだ棚が必要なので、またお願いします♪

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-09 01:25 | diary

Snow: 雪日♪

8th February 2007, at my flat.
2007年2月8日、フラットにて。

Snow, snow, snow!!!
わ~、雪だ~!うれしい♪

I jumped up from the bed, and went out to the balcony
even without putting on a cardigan or a jacket!
ベッドから飛び降りて、上着も何も羽織らずパジャマのまま、
急いでバルコニーへ飛び出した。

a0072144_11163378.jpg

I was so excited. I looove snow!
雪、大好き!
わくわくしませんか?!

It is one of a few things I like about England, SNOW!
イギリスの好きなところの一つは、

We have little snow in Osaka (where I come from).
Even when we have snow, it does not last.
Streets are never covered with snow, not even a sheet of it.
It always get watery quickly and snow becomes rain.
大阪ではほとんど雪が降らないだけじゃなく、
降ったとしてもちゃんと積もることはまずない
(うっすら一面積もって真っ白もほとんどない)。
雪はすぐに溶けて水みたいになって、すぐに雨にかわってしまう。

Snow here is more flaky and fluffy.
イギリスの雪は、なんかやわらかくてほわほわしている感じ。
a0072144_11185555.jpg

I always have this irresistible impulse to run and dive into the snow,
and burry myself! I can never ignore a fluffy-looking small lump of snow
at the corner of the street. I have to either jump or stamp into it ;)
雪を見ると、ついつい、わぁって走ってとびこんで顔をうずめたくなってしまう。
特に、道路の隅にあるやわらかそうな雪のかたまりを見ると、もうだめ(笑)。
絶対に飛び込むか足をいれてしまう。
どうしても無視できない。

a0072144_11193260.jpg
I remember, when I went to Hokkaido (the most northern island)
to visit this guy I was seeing at the time, that he said that I was
like a kid who had never seen snow before when he saw me fighting
with this urge to run and jump onto snow every time we passed
in front of snow lump on the streets. :)
昔、つきあっていた彼に会いに北海道へ行ったとき、
道路にある雪の山の前を通り過ぎるたびに、
走っていって足を入れたい衝動を我慢しているわたしを見て、
雪を一度も見たことがない子供みたいだと言われたことがある。
(言われたというより、あきれられてたのかも、苦笑。)

a0072144_1120099.jpg
Well, I could not help it.
The snow in Hokkaido is so soft and looks like candyfloss,
and it is not often I can touch or even see snow like that!
う~、だって、北海道にあるようなやわらかそうな雪は、
なかなかめったにお目にかかれないんだも~ん♪

xxx

[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-08 11:12 | diary
3rd February 2007.
2007年2月3日。
a0072144_21435433.jpg

I woke up and shivered a bit as it was much colder that the day before. I opened a curtain in the living room, and outside world was totally white!

昨日よりも寒くて、朝起きて震えながら、リビングのカーテンを開けたら、
外は真っ白!

This is a lot whiter than one of the foggy days we had last October.

10月の霧の日よりも、今日のほうがずっと霧が深く白い。

Look at these two photos. You can tell how white it was!
(Left: October, Right: February. You can still see a few buildings at the back of my flat complex in the Oct photo, but none in the Feb one.)

a0072144_21493626.jpga0072144_21523641.jpg

この2つの写真を比べてみると、今回のほうが白いのがわかる。
(左が10月、右が2月のこの日。10月の霧では、まだすこし建物が見えてるんですが、
2月のはまったくなにも見えない状態。)

When it is foggy like this,
silence and solitude seem to be covering the whole world….

こんなに霧の深い日は、家にじっといると、
静寂と孤独しか存在しないような気がしてしまいます、、。
xxx

a0072144_2153162.jpg

[PR]
by e_rioblanco | 2007-03-07 21:41 | diary