リヴァプールでの生活を綴った日記。 Bits of this and that about my Liverpool life.


by e_rioblanco

Dublin Part 3: ダブリンへ小旅行 3日目

28th Apr 2007
2007年4月28日

I said “no” to Cathriona when she asked me if I wanted to come to see another play today. I don’t think anybody can blame for saying no after having watched that awful performance last night!

今日も演劇を見にいかないかとカテリーナに誘われたけど、
もちろん、答えはNO.
昨日の舞台劇を見た後だし、彼女もわたしの気持ちをわかってくれたみたい(苦笑)。

So, I decided to go and hunt Irish Linen tea towels and also go to this famous Chester Beatty Library to see some Egyptian papyrus manuscripts.

なので、わたしは、以前から機会があったら見てみたいと思っていた、
チェスタービーティー図書館エジプトのパピルスを見に行くことにした。
それと、アイリッシュリネンのティータオルも忘れずに探しにいかなくては。

Unfortunately there weren’t many places in Dublin I could buy Irish linen, although I managed to find one souvenir shop which sells different kinds of Irish line and bought a few additional to my linen tea towel collection.

残念ながら、ダブリンにはアイリッシュリネンのティータオルを売っている店がほとんどない。
唯一見つけたのが、アイリッシュリネンを扱っているお土産やさん。
お目当てのものをみつけ、早速購入。

I was again unlucky that some of the floors in the Chester Beatty has been under refurbishment and could not see most of the things I wanted to see. It was a shame, but at the same time this gave me a good excuse to make another trip to Dublin soon 

チェスタービーティーも不運なことにメインの階は改装中で、
見たかったものがみれなかったので、がっかり。
でも、これで、またダブリンにくる良い理由ができということで、良しとしよう(笑)。

I went to a café and did some work while Catheriona was watching another play. It was another beautiful but hot day, which has led us to a place for a good pint: PUB!

その後、カテリーナが劇を見ている間、わたしは小さなカフェで勉強を(苦笑)。
少なくても読み終わらせたかったarticleを読み終えれたので、ちょっとほっとした。

今日もとってもいい天気!
カテリーナと合流した後は、二人して早速パブへ直行

Cathriona took me to The Porterhouse on Parliament Street where is famous for their stouts. I have noticed that bar men in Dublin takes their job a lot more seriously than Liverpool, so they seem to know everything about beer and how to pour stouts properly.

a0072144_553552.jpgまず、最初にカテリーナが連れて行ってくれたのは、「ポータハウス」という名前のスタウトで有名なパブ。

バーマンがスタウトの注ぎ方をちゃんと知っているという印象を受けた。
超プロフェッショナルでちょっと感動。


When you order stouts, you’ve got be patient. Don’t get angry if they have you keep waiting at the bar, for it usually takes ages for a stout to be poured. It has to be settled (which takes ages), and be topped up again.

スタウトはちゃんと注ぎ終わるまでに時間がかかる。
カウンターで待たされていると勘違いしていらいらしてはいけないのです(笑)。
ビールが落ち着くまで待って(これに時間がかかりこの時点でグラスの八分目くらいの量)、
落ち着いたら、グラスにいっぱいになるくらいまで、再度注いでできあがり。

a0072144_5524554.jpg

Photos: The front one was the one I had, Oyster Stout, and the one right behind it was Plain what Cathriona ordered. I like Oyster Stout but have never known till this moment that Oyster Stout was made from oysters!

写真:手前のグラスがわたしが頼んだオイスタースタウトで、
右側に写っているのがプレインという名前のカテリーナが頼んだスタウト。
オイスタースタウトは好きだけど、まさか本当に牡蠣でできているとは知らなかった、、、。


a0072144_55486.jpgCathriona’s friend Alison and her husband Connor booked a table for us at a Japanese restaurant “Yamamori”. I liked the whole theme of the interior design. Surprisingly I liked the food, too! 

カテリーナのお友達のアリソンとご主人のコノーが予約してくれていた
日本食レストラン「ヤマモリ」で、夕食。

レストランの内装がかなりわたし好み。
お料理も驚いたことに割りとおいしい。


a0072144_5544247.jpgThe price was very reasonable and the food was definitely worth the money. People often say, “what you pay is what you get.”, but I think in Yamamori you can definitely get more than what you pay! 
お値段も手ごろで悪くない。
安いレストランだとそれなりのものしか食べれないことが多いけど(特にイギリスでは)、
ここは絶対にお得感100%な値段と味


a0072144_55562.jpgThe interior was stylish with very airy, bright open space, the service was good and efficient, staffs were friendly, it was not expensive, and the food was good. I wish we had this restaurant in Liverpool…. If we did, I swear, I would have dined there every week 
わたしがいいと思ったこのレストランの内装は、
光がたくさんはいるオープンスペースな造りで、
色使いなんかもとてもスタイリッシュ(写真上のメニューもデザインがなんかいい感じでしょ?)。

a0072144_5552920.jpgサービスもかなり
ウェイターさん達はみんなフレンドリーだし、やることがスムーズ
お料理はそれなりにおいしいし、お値段も悪くないときたら、もうみんなに宣伝するしかないでしょう(笑)。

リヴァプールにこのレストランがあったら、絶対に毎週通うよ、わたし。

Photos: Bento box Cathriona had. Yakiniku dinner set I ordered. Tekka-maki Connor had for his starter.
写真(上から順に)カテリーナの食べたお弁当セット。わたしの食べた焼肉セット。コノーの前菜の鉄火巻き



a0072144_5561455.jpgThe pub they took me after the dinner was the oldest pub in town, The Brazen Head on Lower Bridge Street). The building reminded me of a pub-looking place in Vienna.

レストランの後に、みんなが連れて行ってくれたパブは、
「ブレズン・ヘッド」という名前のダブリンで一番古いパブ
ちょっとウィーンで行ったホイリゲを思い出させる雰囲気。


It has been many years since the last time (and the first time ever!) I had Guiness. I had promised to quite a few friends before I came to Dublin that I was going to try Guiness in Dublin, although the idea did not really appeal to me. It was simply because I had such a bad experience the first time when I tried Guiness, I decided that I would never like Guiness and swore myself never to drink it again. Yet, here I was, in the oldest pub in Dublin, enjoying a pint of Guiness with such delightful companies!

a0072144_55726.jpgあまり乗り気じゃなかったけど、
ダブリンに行ったら絶対に飲むように言われていたギネスを頼んでみた。

最後に(最初でもあるんだけど、苦笑)ギネスを飲んだのは何年前だろう、、、?
最初に飲んだギネス(イギリスで)がまずかったせいで、どうしても好きになれなかったギネス。
二度と飲むものかと誓ったのに、お友達とダブリンで飲んだこのギネスの
おいしかったことと言ったら、口では表わせない(笑)。

It is funny, but it looks like beer in general does not match me anymore. Lager especially. I like it less and less these days, and so I started to drink stouts or bitter if I have to or want to drink beer that does not often happen recently.

おかしな話しだけど、最近なんだかビールが全体的に口にあわなくなってきた。
特に、ラガーがだめ
もし、ビールを飲まないといけないときは、ビターかスタウト
(でも、できればスタウトがいい)しか、飲めないようになってきた。
ん~、なぜだろう。

a0072144_6141033.jpgAnyway, all the bad experience of Guiness was wiped out, and now I only drink stouts from tap (especially Guiness, since it is usually only stout most of pubs have in tap) 

とにかく、二度と飲まないと誓ったほどまずかったギネスが、
今では一番好きなビールに早代わり(笑)。

パブに行って飲むビールは、今では、スタウトのみ
イギリスのほとんどのパブではスタウトというとギネスしかおいてないので、
最近はもっぱら生ギネスを飲んでます。

でも、ギネスって鉄分をたくさん含んでいて、女性の身体にいいらしいんですよ(笑)。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-04-28 22:37 | travel