リヴァプールでの生活を綴った日記。 Bits of this and that about my Liverpool life.


by e_rioblanco

Dublin Part 2: ダブリンへ小旅行 2日目

27th Apr 2007
2007年4月27日


a0072144_2035058.jpgNoel gave us a lift to the nearest station called Booterstown (a funny name!). The view from the station was faaaabulous!

ブーターズタウン」というおもろい名前の駅まで、ノエルに車で送ってもらい、ミリーの働いている小さな街まで行って、お昼を一緒にすることにした。




この列車の駅からの景色ときたら、素晴らしい~(写真下)。


a0072144_20331430.jpg


We took a train, DART (the ticket looks cute, don’t you think? It has kind of retro looking in this 50’s blue), to meet up with Milley for lunch at her local pub.

a0072144_2035364.jpg
列車の名前、変わってる、DARTっていうらしい。

また、切符がレトロチックでとってもかわいい。



Guess what I found in the train! This!
載った列車の中でこんなものを発見!
↓↓↓↓↓

a0072144_20372588.jpg


“I have to take a photo.”, that was what I said to Cathriona. This Irish train is in fact a Japanese train made by one of the biggest train companies Tokyu!

東急電車」のサイン!
もう、絶対に写真に撮るしかないと思って、人目を気にせず撮らせてもらった。
いい感じの列車だと思ったら、やっぱり日本の列車だったのか(苦笑)。

We had a lovely lunch in a town/village where Milley works.

ミリーの行きつけのパブで一緒にランチ。
パブなのに、かなりおいしくてびっくり。

a0072144_20403769.jpgCathriona suggested to take a walk to a town called Dalkey. It was a beautiful day, and we walked alongside the sea. (Photos below and left were taken on the way to Dalkey).

食事の後、カテリーナが、ドーキーという街までそんなに遠くないから歩こうというので、とってもいいお天気の中、海沿いを歩くことにした。
写真は、歩いている間に撮ったもの。


a0072144_2165173.jpga0072144_2171924.jpg

a0072144_2042690.jpga0072144_218947.jpg

On our way, Cathriona pointed at a place which looked like a causeway and told me that she once saw people wearing black or white robes doing some kind of ritual here.

a0072144_20471917.jpg途中、海岸のある箇所(写真右)で、以前、
黒か白のローブのような服を羽織った人たちが
何かの儀式みたいなことをしていたのを見たという話しをカテリーナがしてくれた。

その人たち、実際に水の中に入ったりしていたらしいので、やっぱり儀式だったんだろうなぁと思う。


a0072144_218437.jpgIt was quite a walk, and I was exhausted by the time we finally got to Dalkey, phew….

そんなに遠くないというのは大嘘で(笑)、かなり遠かった、ドーキーまでの道のり。
着いた時にはもうげっそり。


We did not stay long at Dalkey. Actually, we did nothing except having some organic fruit smoothie, but I already liked this small town. I could easily visualize myself enjoying living here 

時間がもう3時を過ぎていたので、
ドーキーでは有機果物のスムージーを飲む以外には何もしなかったのに、
わたしはすっかりこの小さな町が気に入ってしまった
なんだか楽しく住んでる自分が想像できてしまったし(笑)。

We took a train back, this time, to the centre of Dublin. It was surprising to see so many people in town.

列車に乗って、今度はダブリンの街中心まで出ることにした。
着いてみて、人の多さにちょっと驚いてしまった。

We wandered around in the centre a bit and, of course, did a bit of shopping as well (my trip is never be completed without shopping!). The great shop called “Penny’s” which is called “Primark” in uk is fabulous place to buy cheap clothes! I bought 2 tops, and those cost me less than 15 pounds.

ちょこちょこもちろんお買い物もしつつ
(わたしの旅行は、お買い物がなくては始まらないのです♪)、
ダブリンの街をぶらぶら案内してもらった。

ペニーズという名前の服屋さん(イギリスでは、プライマークという名前)、めっちゃ安い!
長袖と半そでのトップ1枚ずづ、2枚を3000円以下でゲット♪


a0072144_21175751.jpgI just loved the architecutre in Dublin. All buildings look so pretty and Georgean. This (photo righat) was one of the building I could not resist takinga photo. It was a shame that some supid people had decided to ruin it with graffito! I hate graffitos, in any kinds of forms. It cannot be an art. No way.

ダブリンの建築がとても気に入った。
どの建物もすごいかわいい。
ジョージアン様式の建物で街があふれてる。
この右の写真の建物は、かなり気に入って写真にどうしても撮りたくなってしまった建物の1つ。

a0072144_21221627.jpg落書きに超むかつく
ばかな人のせいで、素敵な建物がだいなし。
落書きって大嫌い。
断固として言いたい、落書きはアートじゃないっ
(と、わたしは思う。でも、これはまたの機会にブログで議論したいと思います、苦笑)。



a0072144_20484134.jpgAfter a long day, what I needed was good food and nice wine! Great place Cathriona took me was. The Italian bar-restaurant was called “Inotaka” (which Cathriona first thought the name was Japanese). We sat at an outside table and had a mezze platter thing and nice chianti.

a0072144_2049154.jpg1日歩いたあとは、おいしいものが食べたい。
おいしいワインもあると最高。

カテリーナが連れて行ってくれたイノテカというイタリアバーは、外にテーブルがあってとってもいい感じのお店だった。

おいしいキャンティに、チーズと生ハムの盛り合わせを注文し、大満足。


We kind of spontaneously decided to watch this play about which Cathriona had read a good review. I cannot remember what it was called, but it was an awful play.

突然決めた舞台劇観賞
前評判で良かったのをカテリーナがどこかで読んで決めたこの劇、
名前すら思い出せないくらい最悪だった。

I did not like it at all. Neither Cathrina unfortunately. I just could not feel any sympathy or empathy to any of the characters. There was no emotional connection between me and the play: it was only disturbing. Simply too painful to watch.

カテリーナもわたしも全然好きになれなかった
なんか、登場人物の気持ちに共感できない。
舞台設定にも共感できない。
どこにもセンセーショナルな部分がないし、感情的に揺さぶられない。
見ててつらいだけの舞台劇だった。

A group of three people who sat next to me had left the theatre between the interval. It was that bad. Yet, Cathriona heard the girl sitting behind us said that even someone like she who was usually very critical about theatre things loved it and it was the best she had ever seen! How on earth anybody can like that play? I don’t know….

わたしの横に座っていた人たちは、一幕目の後に帰っちゃった。
めっちゃ気持ちわかる、、、。
わたしも帰りたかった、正直言って(苦笑)。
Liverpoolで見てたら絶対に帰ってたと思う。

なのに、わたしたちの後ろに座っていた女の子がべたぼめしているのを聞いてしまった!
「わたしってほら、舞台劇に関してはすごい辛口じゃない?
でも、これは今まで見た中で一番よかったわ!」

え~???
ありえん
こんなの良いと思える人の気がしれん。
どんな脳内神経してるの?見てみたい。

When you see a bad play or a boring exhibition, the only thing you want to do is to go home and have a nice cup of tea, isn’t it? Well, that’s Cathriona and I felt like doing after the bad play. What a way to end the day….

退屈な美術展示とか最悪な舞台劇とか見た後って、
他にはなんにもしたくない気分になる。
不機嫌になる。
ただただ、家に帰ってゆっくりしたい気分になる。

この劇を見た後は、二人してとっても疲れてしまい、
なんだかいいスタートだった一日が台無しな気分で帰路につきました、、、、。

舞台劇すごい好きだけど、このせいで当分見たくないかも、、、(苦笑)。

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-04-27 23:29 | travel