リヴァプールでの生活を綴った日記。 Bits of this and that about my Liverpool life.


by e_rioblanco

Paris, Day 1: パリ滞在 1日目

a0072144_23405644.jpg11th January 2007, Paris.
2007年1月11日、パリにて。

Paris again! This time, to meet a friend of mine, Lui who were visiting Paris for 10 days with her sister-in-law.

またまたパリにやってきました。
今回は、お友達のRちゃんが義妹と一緒にパリに10日間来るというので、
パリで会うことにしました。

I took a usual 19:00 Easyjet flight to Paris and arrived at Opera just after 11pm to meet Thierry who came to help me carrying my luggage.

いつもの夜7時のイージージェットに乗って、オペラガルニエの前について、
荷物を持つのに迎えに来てくれたティエリに会ったのが、
ちょうど夜11時をまわったころ。

We rang Lui’s mobile (she said that she was renting a mobile she could only use in France), but not only no reply but no connection. Thierry used his mobile, but still no connection either.

フランスで使用できる携帯を借りてくると言っていたので、
早速、Rちゃんの携帯に電話してみたけど、
返事どころかまったくつながらい。
ティエリの携帯からしてみてもまったく同じ。

Unfortunately the only thing I had with me was her mobile number and a name of the hotel where she was staying. I took neither a phone number nor an address of the hotel!

おばかなことに、Rちゃんの携帯の番号とホテルの名前だけしか覚えてなくて、住所も電話番号もなにもないことに気がつきました。

So we were stuck in the middle of Paris at midnight, knowing nowhere to find her. I was suddenly panicking. I had to find the hotel! I vaguely remembered where it was, as I checked the location on their website when I was talking to her with Skype.

かなりパニック。
夜中にこんなパリのど真ん中で、どうやってホテルをみつけるんだ?
Rちゃんとスカイプで話してたときに、ホテルのHPにある地図を見たので、
なんとなくなら場所を覚えていたので、
とにかくそちらへ歩いてみることにしました。

After having been wandering around and having asked a few people on a street, we finally (and luckily!) found the hotel (Thanks god for that)!

何人かの通りすがりの人に聞きながら、かなりうろうろして、
やっと、みつけました、ホテルロートレック!
ほっ。

We walked in and asked a receptionist to call my friend, and there was another problem that he told me that nobody has been booked with that name! I started to feel as if it was me who was imagining all the things that my friend was coming from Japan and staying in Paris.

ほっと一息、
ホテルのフロントでRちゃんを呼んでもらおうと思ったら、
またまたトラブル発生、
今度は、Rちゃんなんて人は泊まっていないというではありませんか?!
勘弁して~。
なんか、だんだん、
このRちゃんが日本から来てパリに滞在とかいう全てが、
わたしの勝手な想像のように思えてきた~(汗)。

At the end it was only a pure misunderstanding of the receptionist. He thought that I booked a room with my friend’s name trying to check-in, as I for myself had a suitcase with me.

結局、フロントのおじさんの誤解で、
というのも、わたしのスーツケースを見て、
てっきりチェックインしたいんだと思ったらしいのです
(でも、ティエリにフランス語で説明してもらってるのに、
なんで間違うねん、おっさんフランス語わからんのか~!)

We found her at last! Phew….

でも、いました、Rちゃん、このホテルに(笑)!

Then there was another story :) The reason why there was no connection on her mobile was because she forgot to rent it at the airport!! She said that she was so engaged with a searching mission for this bilingual comic book I asked her to buy for Thierry (but I said only if she had time) at a transit that she totally forgot about her mobile!

Rちゃんに会って、話しを聞いたら、
なんと、パリに着くまでにすでにもうハプニングが(笑)。
成田での乗り換えのときに、携帯を借りるはずだったのが、
すっかり忘れていて、思い出したのは、飛行機の中だったとか(笑)。
わたしがお願いしたティエリへのお土産(
バイリンガルのマンガ、金大一くんの事件簿の2巻)を探すのに夢中になって、
携帯のことはすっかり忘れていたらしい。

She said that she phoned me in Liverpool and left a few messages. I knew someone phoned me in that morning, but as I was still in bed, I could not be bothered to pick it up or even to check a message. I always check an answering machine, but apparently not this time….

何度かわたしの家に電話して、メッセージも残してくれたらしいんだけど、
留守録を聞かずに出てきてしまったわたし、、、。
確かに、朝がた電話がなっていたのは覚えているけど、
ベッドの中にいたし、どうせセールスだろうと思って
とりに行かなかったのが、失敗でした。
留守録もいつもならちゃんと聞くのに、
こんなときに限って、聞いてないし、、、。

Funny how things like that can happen so easily, especially when you are so relied on mobiles nowadays that you do not really care if you have all the information with you.

重なるときには重なるもんですね。
特に、最近は、携帯にたよりっぱなしの生活をしているので、
待ち合わせなんかのときもちゃんと決めないままだし、、、。

At the end of the day the only thing mattered to me was that she was here and I found her! :)

でも、とりあえず、Rちゃんに会えたので、一安心です♪

xxx
[PR]
by e_rioblanco | 2007-01-11 23:39 | travel